がっちゃんの幸福論

大学生のがっちゃんが幸せって何だろうってぼんやり考えて、ぼんやり文章にするブログ

私のきほん1 素でいるということ

私のきほん1 素でいるということ

 

みなさん、自分の基本をもっていますか?

私は、実はひっそりと持っています。

それをもとに動いてきていたし、これからもそう動いていくとおもっています。

わたしの生き方です。大切なみなさんに知ってほしいなって思って書こうと思いました。

 

私が大切にしている価値観、それは

 

「素でいるということ」

 

です。

 

ほんっとうに、曲げられません。これが。

 

「素()」とはなんぞや?と思われるかもしれません。

 

生き方としては、「ありのまま」と同義です。

そして、より「リアル」であり、より「ナマモノ」な感じ。

これは、生まれながら持っていての不変なものでもあり、これから変化していく行動もすべて。

人間という、生き物の本来の輝き。子供の状態。

 

うん、そんな感じ。

伝わっていますかね?

 

私の今の感情、本来の私を大切にしたい。

そして、私は他人であっても、その時その瞬間に生きる生き物として、受け止め大切にしたい。

 

「リアル」な自分の本音、「リアル」な自分の感情。

それは、何も飾らない「素」である状態。

 

「素」は誰しもが美しいのだと思います。”弱く”もあるけれど、”強く”もあるから。

私は、わたしのままでありたいし、他の誰かにはなりたくありません。

 

意見の押し付けも、意見に流されることも、世の中多数に流されることもしたくない。

自分の心に従って、自分の道を歩いていきたい。

この世の中たった一人である「”わたし”の道」を、私はつくる。

 

「素」には、「素直」も含みます。

「素直」に他人の意見を聞き入れるということは、

自分の心が凝り固まってない状態だと思います。

「素直」に意見を言うのもそう。

 

凝り固まるとは、他人の目や、自分自身の存在への不安、自意識過剰状態。

 

素直な状態とは、生まれたての赤ちゃんのような状態。

生まれたての赤ちゃん・子どもは、感情のままに動き、見たものから学び、感じたものから考える。それに、他人の目とか、世論とかはあんまり考えていないと思います。

 

「好きなもの」には好き、という。

「好きな人」には好き、という。

「なんで?どうして?」と思ったものには、素直になんで?ときく。

 

「むかつく」「嫌い」「腹が立つ」は、そのまま伝えると相手を傷つけてしまうので()

「なんで嫌いなのか?」を考える。もし、伝えることが必要ならば、「相手を思った言い方」で伝える。

 

そんな、素直コミュニケーションをおこないたい。

包み隠さず、あなたを知りたい。私を知ってほしい。

理由は、明快で、「私は素の状態がラクで、それでいて美しいから」

 

嘘ついたり、本音じゃないコミュニケーションって疲れます。

その煩わしいコミュニケーションにも、理由があるので、それは否定したくないけれど。

 

 

余談をすると、「おしゃれ」とか、「生活」とかもそういう考えをもっています。

 

「着飾る」のは嫌です。

つけまつげをしたって、ネイルをしたって私は満足できませんでした。

ちょっと派手なアクセサリーだって、イマドキなコンサバ服だってそう。

分厚いファンデーションも煩わしい。

 

「それは、私ではない」

 

私が一番に、私らしくいないと、全然満足できません。

 

おしゃれでいうと、私は「本来の私の美しさを最大限に引き出すもの」ということを考えています。

 

「美しさ」の優劣ではなく、「私にしか持ちえないもの、わたしのありのまま」をより「輝かせるもの」がおしゃれであり、美しさだと思っています。

 

そしたら、似合う服を着るのがおしゃれだし、アクセサリーよりも姿勢をよくすることなんだろうし、新鮮で美味しい野菜を食べることもおしゃれです。(できてないこともたくさんあるけど笑)

 

生活でもそう。

 

「本来の私がどこでも輝けるためにととのえる」場所が家であり、そのための営みが生活です。

洗濯、掃除は、先人たちが言うように、「気づき」の宝庫です。そして、「どうしようもない悩み」から「現実」に引き戻してくれる手段。自分が自分らしくあるための基礎。

 

やっていて、身をもって感じています。

 

無意識に考えていて、やっていることです。

わたしの行動の根本は、本当に、本来の私を「見つけ出し」「輝かせる」ことです。

それは、自分を楽にしていくし、生きることを楽しくしていくことにもつながっているみたい。

 

みなさんの、行動の根本ってなんですか?

ぜひ、きかせてくださいね。

 

春が始まる匂いに大学生活全てがフラッシュバックして、家から飛び出した



なんか春が始まりそうな、始まらなそうな気温に、曇った空。


ちょうど去年の今頃に聴いていた音楽を聴いていたら、なんか、宇都宮での大学生活を思い出した。フラッシュバックした。その時の自分に戻ったような。 



あ、すっごく嫌な気持ちだ。

なんか、怖い。



心の奥から不安な気持ちが湧き上がってきて、家から飛び出している。なう。怖い。不安だ。ぐらぐらする。



大学に入ってから、大きな壁にぶち当たった。今まで感じてた生きづらさを、強く感じる機会が増えた。自分が自分らしくあれなかった。


自分が人の型にはめられて行く感覚。なんなんだろうあれは。何も得られない感覚。全く面白くない感じ。


自分の思ってるようにできない自分。


人目がすごく気になって、人に合わせてカスタマイズした私を提供する、みたいな人間関係。


つまらない飲み会、つまらない会話、愚痴。先生によくみられるため、先輩によくみられるため、男の人によくみられるため

どうでもいい。


すさまじくどうだっていい。

なんか違う、そこじゃない。


私自身が、私の中に、ありのままの〝わたし〟を見つけられない。外からのニーズに応えている自分が100パーセント。

わたしがいたときなんてない。


自分のことも、もともとあんまり言わないタイプだったけど、人に会うのもやめたからなおさら言わなくなった。


もう、人のために無理して合わせるのもめんどくさくなって、全て手放した。


どうにでもなれ。


義務で、幼稚園から高校まで、頑張って学校に行ってたけど、本当は行きたくなかった。


こんだけ我慢してきたんだから、いいんじゃない?って思ったら、もう我慢することができなくなった。


そこから、授業に行くのもやめた。信用を裏切る行為ばっかりしてた。


提出物出さないし、出しても期限過ぎてるし、宿題やらないし、人に見せてもらうし、時間守らないし、恋愛関係も最悪で、まじで。


時間だけありあまってて、バイト行って、少しだけお金稼いで終わり。満たされない気持ちを埋めるために信じられないぐらいの食べ物と酒を摂取して寝る。みたいな。


ことごとく輪をかけて、自分も人も大学も嫌いになった数年間。


人が信用できないとか、怖いみたいな体験もたくさんして、すり減ってた。


でも、武者修行、はぐくむに出会って、やっと前に歩き出せるようになった。


そこから、宇都宮から逃げ出すように休学。

自由に、自分の生き方をカスタマイズして、自分の道を作れる時間。


休学中も色々あったけど、すごく楽しい。


あの時には戻りたくない。


戻ってしまったらと考えると、涙が出るほど怖い。

だから、わたしは東京にいる。

きっとそうなんだな。

もう、戻らないんだ。

届けられない思いなら

f:id:ko10noha:20180219121901j:plain

吐き出したくても

吐き出せない思いがある


言いたくても言えないとか

届けたくても届けらんないとか

秘密にしなきゃいけないこととか

やっぱりあるから


それは創ればいいんだな


そして、小さな願いだけど、これが届きますように。



生きててごめんなさい、のゆくすえ

f:id:ko10noha:20171227211021j:plain




このごろ、人といるとごめんなさいって思う。非常に多い。なんでだろうって思って、書き出してみたら色々わかってきた。



それは、日々、


生きててごめんなさい


と、ずっと謝っていたこと。




思い当たることは過去にあります。みんなの前で言うのって初めてなんだけど、私の母親は精神病を繰り返していました。摂食障害うつ病、アルコール依存、統合失調症。今はだいぶ良くなったけれど。



私の小さい時、母は統合失調症になりました。もう色々併発しすぎて私、詳しい概要はよくわからないけれど、大荒れでした。



ずっと寝たきりで、起きたと思ったら怒って、無視されて。全部病気のせい。



病気を理解できない家族と母の関係も良くなくて、混沌とした雰囲気でした。



幼いわたしが思ったのは、

「わたしが悪い」



というのも、2歳ごろから急に私以外の人たち(家族)の様子が一変したから、多分私が悪いって思ってたんです。病気ということを知ったのも小学校になってから。




毎日母のベットの横でごめんなさいって謝ってました。




そのほかにも、いろんな要因があるとおもいます。本当に。



迷惑かけないようにするのも、申し訳なくなるのも、ごめんなさいとかすみませんが口癖なのも、わたしが自分を悪者だと思っていたから。




わたしは許されたかった。




なんでも言うことをきくから、なんでも私が与えるから、助けるから、癒すから。



お願いだから許して。




私は何ももらえなくていい。私は、人のためのものでいい。自分の存在なんていらない。



幸せになりたいのに、幸せになりたくない。愛されたいけど、愛されたくない。



そうなるべきじゃない。




不幸や苦しさの中にいる方が好きだった。

自分を責めるのが好きだった。責めることで悪い私を罰して心のバランスをとれるから。



そして、幸せになるのが怖い。

それは、罰だけど、甘えもある。自分に幸せを与えるのが嫌悪。自分が幸せになる努力はしたくない。そのほうが楽だから。




そして私は人が怖かった。


治ったと思ってたけど、根本的じゃなかった。

常に加害の意識があるから、常に人に責められるのが怖い。人が気にしないことでも、小さなことで怒られるのが怖かった。

だから自分の粗をみつけては取り繕う。






対人関係って小さい時から、うまくいかないなーとか思ってたけれど、自分は悪者だと思ってずっと謝ってたし、人の表情うかがってたから、そりゃうまくいかないよね。



自分はなんでもできる、自分は諦めないでやれる。

自信はついたはず。



でも、なぜか波が激しくて、人に翻弄されることが多かった。


対面にいる人によって自分の気持ちがすごく変わる、感情が大きく動く。



自分が存在してる罪悪感に悩まされてたんですね。



「ごめんなさい。もう、ゆるして。」

「謝るから、嫌いにならないで」「離れてかないで」


って叫んでました。




「あなたは悪くないよ」

「苦しかったね」

「もう、幸せに生きていいんだよ」


と、言ってくれる人が欲しかったんだ。




だから、私は私に幸せになっていいんだよって言うことにした。


今までお疲れさま。がんばったね。


そんなこんなで、幸せに一歩、ちかづきましたとさ。ちゃんちゃん。








心、燃やして生きてますか?

夜、めっきり冷えてきました。

いかがお過ごしですか。  


今日は情熱、のお話をしたいと思います。

久しぶりに身体から、声から、エネルギーに満ちている人にお会いしました。  

楽しくてしょうがなくて、全身からパワーがみなぎっている人。


どこから湧き出てるのだろう?

話して話して、源泉を突き止めたい衝動に駆られました。

まだ全ては分かっていないけれど、なんとなく、他人のために自分が何かする、というところに心が動いている。それに生き甲斐とやり甲斐を感じて、ひたすらに心を動かしている。


一度きりのやりたいことをやる、という選択をしたいと思うけれど、それを突き詰めたところで答えは出ない。やりたいことだけ突きつめて趣味に生きていても、充実が得られないことや、分からないことってある。


そこで、欠けていないかチェックしたいこと。それは、やりたいことをやった末に、自分の存在が他人にどう影響するのか、どう役に立つのか。


好きなことと、他人のためになることの間。

考えるのは簡単なことのようで、難しい。


色々考えてはいたけれど、少し気をぬくと他人を忘れ去ってしまったり、自分を忘れ去ってしまったりする。


情熱は、人のために動いたときにしか出てこない。そんな誰でも頭では知ってることが、ネガティヴな状態だと分からなくなるから、行き詰まった時こそ冷静に、大切なことを忘れてやいないかということを確認したいなと思います。


心燃やして生きていますか?

自分に、必要な問いかけ。


おやすみなさい。

使い捨て、お手軽な人生。



こんにちは。今日は土曜日。

みなさん、どんな休日をお過ごしですか。


昨日、やっと住んでいた宇都宮の寮から退寮して、東京に移住しました。


正直、引っ越し作業をナメていました。

いかに引っ越しが大変か、

というか、いかにモノと向き合うことが大事か分かりました。


引っ越しに際して、本当に必要なものだけ持って行こうと決めたのはいいものの、そう考えると私の部屋にはいらないものしかなかったように思います。


洗ったり、分別して、捨てる。

業者を呼ばないと廃棄できないものもあったりして。

いらないものと向き合う一週間。


数年住んでいたというのもあるけれど、寮という小さな部屋にしてはちょっとモノが多かった。


なんでだろう…?

そう考えた時、私の行動パターンに気づいた。


ストレスがたまった時に全ての行動が過剰になる癖。たくさん買い物をし、たくさん食べ、死んだようにたくさん眠る。

兎にも角にも足りていないのが怖い。自分の体を満たしたい欲求に駆られる。


そんな欲求を満たすためだけに、私のところにやってきたモノたちは大概大切に扱われない。ストレスがなくなると、いらなくなるものだらけなのです。


それを一定のペースで、全て捨てる。

どう扱ったらいいか迷うものは見て見ぬ振り。

モノをすべて捨てると、急激に居心地が悪くなるので、周りにある程度どうでもいいモノを置いておく。


そんな部屋だったのかなと振り返りつつ、「そんな人生だったな」とも言い換えられる気がする。


物事を自分の心を満たすためにたぐりよせ、いらなくなったら捨てる。その不充足感を満たす努力もしなければ、何かを大切にし通す気概もない。でも、ないと寂しい。


モノ、コトを大切にすること。

そして、出てきた課題と、自分の至らなさ、恥ずかしさ、めんどくささと向き合うこと。


物事を愛おしむ姿勢を大切にできたらいいな。

そして、本当に不必要だったものには、「さようなら」と一言いう勇気も欲しい。


それが完全にできるのはいつか。

死ぬまでにできるのかなぁ。

まぁ、たまに腰が引けちゃう時もあるもんです。


掃除をする休日、なんてのもいいかもしれません。


良い休日をお過ごしくださいね。


f:id:ko10noha:20171202130713j:plain


↓写真も撮っていたりします。毎日投稿してます。是非。


https://www.instagram.com/blooooom0111 

 


一緒に散歩をしよう



お久しぶりです。

ブログ再開です。


ずっと見て見ぬ振りしてたブログ。

人様に何かを伝えることに、意味があるのか?と放っておいてました。

でも、私の話したいこと、みなさんに話したいなって思って再開します。




今日は、人に寄り添うことについてお話したいなと思います。


私の大好きなエッセイスト、松浦弥太郎さんの本に「泣きたくなったあなたへ」というものがあります。もともとは、松浦さんの「くらしのきほん」というホームページにある、夜の時間にだけ読むことのできるコンテンツで、そのコンテンツをまとめた書籍です。



ひとりぼっちの夜に、泣きたくなった人へ送るエッセイ。励ましとか、気づきとかをあったかい口調で話してくれる、私にとって心を緩ませてくれる読みもの。



「歩きながら話そう」って誘い出してくれたり、「あなたの隣に座ってお話させてください」と寄り添ってくれたり、自然に、まるで一緒にいるように、語りかけてくれる。




この頃の夜は、めっぽうそれに助けられている。



実のところ、泣きたくなることが増えている(というか、すでに泣いている)。

つくづく、元気で居続けることは難しいと感じる。


上手くいかないあれやこれを手にとっては思い悩んで、私のやってることって、合ってるのかな、と考えてみたりして。


にらめっこをして、抱えきれなくなったら、見えないところに置いておく。


考えれば考えるほど、空をつかむような虚しい気持ちになる。

自分の解が必ずしも正解ではないと気づいてから、自分の意見と他人の意見のすり合わせ。

何が正解なんだろう。


みんな、こんな思いをしているんだろうか。

人はそういうものなのだろうか。

正解なんてない事実に翻弄されて、目の端に捉えながらうやむやにしてしまうことが世の中にいっぱいある。

うやむやにすることが正解の時と、不正解の時もある。人生は白黒つけられないもんだな。


どうしても受け入れられないとき、右往左往してる私の隣にいてくれる言葉、励ましてくれる言葉は、私にとって泣いてしまうくらい温かいものなのだ。


迷子をなだめるような、一緒に途中まで歩いてくれるような、そんな温かい言葉をプレゼントする人になりたいな、と思う。


私はいつも、人に励まされ、人に支えられている。


「大丈夫だよ。お前は正しい」

「成長して帰ってくるの楽しみにしてる」

「救われてる」



周りの人が言葉をかけてくれる。

何度ありがとうと言っても足りないような気持ちになるから、何度もありがとうって伝える。


言っても言い足りない思いがある。


この頃にとどまらず、今まで、信じてくれた人がいて、励ましてくれた人がいて、一緒に悩んでくれた人がいた。ありがとう、でしかない。




そんな人たちに恩返しをしたい、というのがよくかんがえていることではある。

私は何が出来るだろうか。


ぼんやり、夜の街を歩きながらかんがえている。


そうだなあ、隣に座って話すような、一緒に夜の散歩をするような、そんな感覚で人を励ますことができたら。


寄り添って、笑い話ができたら。

一緒に泣くことができたら。


それでいい、って思ってしまった。

それ以上は、いらないと思ってしまった。




これから、そんな言葉を紡ぎ出したい、伝えたいと思う。

でも、変なことも言い出すと思う。

そんな時は笑っていて。



これからも、あなたの心に寄り添えますように。読んでくれてありがとう。


いい夜を。